1円たりとも余計な税金は払いたくないもの。その分の資金を福利厚生や
設備投資に回さなければ、時代を生き残って行けません。
クルーザーは福利厚生費の代表例。こちらに良い商品がそろっています。
kokkaiwo
TOP